dj_top

東川町案内人

Author:東川町案内人
北海道にある、旭川の隣町、東川町在住の3人が現地の旬な情報をお届けします。
車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。

=スタッフ紹介=
★なっちゃん
猫好き、山好き、海も好き。
目標は強くて優しい癒し系女子です。

★お~くん
東川の自然と人に魅せられて13年。これからまたどんな出会いがあるのか楽しみです。

★たけちゃん
日ハムファンのコーヒー好き♡
目下ダイエット中!


*画像などのデータ転載、複写複製はご遠慮ください。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

町の天気はこちらで(旭岳の天気もチェック出来ます)

未分類 (69)
山 (415)
町 (508)
お知らせ (308)
グルメ (26)
ドライブラリー (17)
山とナデシコプロジェクト (6)
ひがしかわ氷まつり (13)
天人峡 (33)
町外より (21)
ツイッター (18)
東川大雪エコツーリズムモニターツアー (41)
風物詩 (3)
講演会 (2)
東川エコツーリズム (32)

QR

ブログ検索  タグ検索

8月8日に忠別ダム周辺で開催される北海道で唯一のトライアスロン大会

大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ

39ヶ国語に翻訳出来ます。変換したい国の国旗をクリック

powered by 3ET

このブログをリンクに追加する

車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。旬な東川町の情報をお届けします。
http://higashikawapu.blog21.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.09.18(Thu) 16:38
_DSC7537.jpg

10月中旬まで、実施中の

「天人峡・羽衣の滝を見に行こう!~三十三曲登山ツアー~」

ゆっくりと1時間強かけて、約三十三回曲がって、滝見台へ。

北海道一の落差270mの羽衣の滝と、
北海道一の標高2,291mの旭岳が見られます。(晴れれば・・・)
初冠雪以降の連日の降雪で、すっかりと冬の様相の旭岳を拝めます。

天人峡はの紅葉はこれから。例年ですと10月上旬が見ごろです。
いかがでしょう?
冬の旭岳と紅葉の天人峡をご覧にお越しになるのは。

このツアーは、10月中旬まで実施いたしますので、
詳細はお問い合わせ下さい。


参加費 2,500円(傷害保険料込)

集合 8:00 天人峡公共駐車場

定員 : 6名様

【ご予約・お問い合わせ先】

東川エコツーリズム推進協議会
担当:大塚・山下

090-3890-2291
higashikawapu@gmail.com





 
スポンサーサイト
Comment(0) 
Category:天人峡 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.06.21(Sat) 14:28
天人峡にある北海道一の落差(270m)を誇る、羽衣の滝。
この羽衣の滝を見下ろせる「滝見台」までの登山道、
三十三曲りコースの様子がUHBで紹介される事になりました。
登山口から少し急な坂を登り続けますが、登り切った先に見える景色は絶景です。

登山道脇には、亜高山帯に咲く、普段目にしないようなお花も沢山咲き始めていますよ。
_DSC6878.jpg

6月24日(火)16:40~19:00の UHB Super News Uで放映予定です。

おーくんのさわやかなガイドぶりも合わせてお楽しみ下さい。
_DSC687900.jpg

また、「羽衣の滝を見に行こう!〜三十三曲登山ツアー〜」も
要予約で受付中です。

時間 8:00〜11:30
集合 天人峡温泉公共駐車場(道草館の場合は、7:20)
参加費 2,500円
定員 6名様
〆切 前日20時迄
予約 090-3890-2291
   higashikawapu@gmail.comまで

なっちゃん

 
Comment(0) 
Category:天人峡 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2014.06.09(Mon) 19:46
本日から実施中のツアー、

「羽衣の滝を見に行こう!~三十三曲登山~」

羽衣の滝@滝見台

天人峡温泉からの遊歩道は土砂崩れにより昨年から引き続き通行止めとなっておりますが、
大雪山の登山口のひとつ、三十三曲りを1時間半登ると、
滝見台があります。

そこからはこんな絶景が見えるんです。

絶景だけではなく、途中の登山道では様々な花も開花中です。
そんな中で私が一番好きなのは、小さい花ですが、
ミヤマハンショウヅル。いつもならもう少し後くらいに咲いていたように思いますが、
連日の暑さで一気に開花したような気がします。

14年06月07日ミヤマハンショウヅル

滝見台から、右に視線をやると、
北海道最高峰・旭岳。
下には、誰が言ったのか「東洋のナイアガラ」と
呼ばれていたこともあるらしい「敷島の滝」(これも現在通行止めで行けません)

旭岳@滝見台

雪解け水が豊富で迫力のある羽衣の滝は
北海道一の落差270m。この位置からだと、上の様子も見ることができ、
その大きさをより感じることができます。

皆さんからのご応募お待ちしております。

日程 6/9~6/18(水)毎日

時間 8:00〜11:30

集合 天人峡温泉公共駐車場(道草館の場合は、7:20)

参加費 2,500円

定員 6名様

〆切 前日20時迄

お問い合わせ・ご予約
   090-3890-2291
   higashikawapu@gmail.com







 
Comment(0) 
Category:天人峡 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.03.01(Fri) 09:00
今日は一時的に猛吹雪!ほんと春が待ち遠しいですね。
さて前回のスノーハイキングの続き、夜バージョンのレポートです。

DSCN0887.jpg
ナイトハイクもガイドは鳥羽さんが務めます。
鳥羽さんお得意の小物小出しシリーズは夜も健在ですが、内容がかなり異なります。
とてつもなく綺麗な風景・現象を見せてくれるのですが、言葉と画像(素人ではまず撮影は不可能です)でお伝えすると次回以降の参加者のお楽しみがなくなってしまいますので、ここでは伏せておきます(参加してからのお楽しみです。マジすげーよ!)


DSCN0907.jpg
ちょっと見えずらいですが、普通参加者はガイドの後ろを歩くのが、今までの常識的な流れだったんですが・・・。
なぜか今回は、みんな横方向に散らばって、バッラバラに歩くんですよ(笑)
やっぱり夜は開放的な気分が影響するんでしょうかね。


DSCN0928.jpg
これまたへたくそな写真でスミマセン。
ナイトハイクで初めて、お月さまを見ることができました。
月が雲から見え隠れするたびに、月明かりが辺りを照らすと、まるで夕方の明るさとなります。


DSCN0933.jpg
(即席!でーぷ・ふぉれすと・かふぇ)
ではお楽しみのお茶タイムです。(昼間のスノーハイクも同じです)
本当はお茶ではなく、ホット・チョコ・ココアなんですが、毎回味の調整が難しくて…。
実はこのココア、ひがしかわ氷祭りで開催した「ほっこりカフェ」で販売したココアと同じなんですよ。
非常に甘ーくて美味しい!との評判のシロモノです。

んなわけで、幻想的な闇と、ふかふかの雪と戯れて、参加者はハイキングを楽しみました。

デイハイクは残り3回!
ナイトハイクは残すところあと一回っ!
楽しみ方は参加者の自由です。
では参加待ってますよ~。

DSCN0954.jpg
「スノーシュー・ハゴロモン」
※今回参加してくれた、樹脂粘土ワークショップで講師をされている津郷氏が制作したものです。


けいちゃん 
Comment(0) 
Category:天人峡 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.02.25(Mon) 20:42
5回目となるハイキング。前回に引き続き若干ではありますが青空が見え隠れしていました。
胡桃の沢ってほんと不思議なとこなんですよ。
下界が荒れてても、天人峡温泉が吹雪でも、ここに来ると天候が穏やかで・・・。
やっぱりパワースポット(桂の巨木)のご利益なんでしょうかねえ。
さてレポートですが、今回はナイトハイキングも行いましたが、昼に開催した分のみご報告いたします。

DSCN0853.jpg
まずは桂の倒木から、参加者のジャンプ画像。若いっていいですね~。


DSCN0856.jpg
ガイドの鳥羽さんお得意の小物小出コーナーのひとコマ。
胡桃の沢にはエゾモモンガの巣穴が沢山あるということで、鳥羽さんがとても大事にしている原寸大のモモンガのぬいぐるみを参加者に手渡して、大きさや重さを感じてもらいました。その可愛さに参加者も大はしゃぎです。
鳥羽氏:「お、お客さん・・・も、もうそろそろ返してください・・・」


DSCN0878.jpg
参加者をジャンプさせる場合は、必ず安全確認のため先にスタッフが試し飛びを行います。
今回はたけちゃんが犠牲者となりました。


DSCN0874.jpg
胡桃の沢から、忠別川河川敷付近に移動して、見事な柱状節理を見渡しながら猛禽類ウォッチング。


DSCN0885.jpg
まだまだ参加者の遊びが続きます。若いっていいですね~。


DSCN0871.jpg
最後に桂の巨木の前で記念撮影!
そしてナイトハイキングの報告に続きたいところですが、長くなるので次回のお楽しみということで。


この企画もすでに残すところあと3回限りとなりました。
ナイトはもう一回(3月9日)しかありませんよ!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。


けいちゃん
 
Comment(0) 
Category:天人峡 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ~森カフェ~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。