dj_top

東川町案内人

Author:東川町案内人
北海道にある、旭川の隣町、東川町在住の3人が現地の旬な情報をお届けします。
車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。

=スタッフ紹介=
★なっちゃん
猫好き、山好き、海も好き。
目標は強くて優しい癒し系女子です。

★お~くん
東川の自然と人に魅せられて13年。これからまたどんな出会いがあるのか楽しみです。

★たけちゃん
日ハムファンのコーヒー好き♡
目下ダイエット中!


*画像などのデータ転載、複写複製はご遠慮ください。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

町の天気はこちらで(旭岳の天気もチェック出来ます)

未分類 (69)
山 (415)
町 (508)
お知らせ (308)
グルメ (26)
ドライブラリー (17)
山とナデシコプロジェクト (6)
ひがしかわ氷まつり (13)
天人峡 (33)
町外より (21)
ツイッター (18)
東川大雪エコツーリズムモニターツアー (41)
風物詩 (3)
講演会 (2)
東川エコツーリズム (32)

QR

ブログ検索  タグ検索

8月8日に忠別ダム周辺で開催される北海道で唯一のトライアスロン大会

大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ

39ヶ国語に翻訳出来ます。変換したい国の国旗をクリック

powered by 3ET

このブログをリンクに追加する

車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。旬な東川町の情報をお届けします。
http://higashikawapu.blog21.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.07(Sat) 15:46
旭岳で、在来種マルハナバチと特定外来生物セイヨウオオマルハナバチのモニタリング調査に
参加してきました。

東京大学保全生態学研究室が呼びかけ、

上川総合振興局、
環境省東川自然保護官事務所、
大雪と石狩の自然を守る会、
大雪と東川町の自然を守る会、
NPO法人ねおす「大雪山自然学校」、
東川町産業振興課と共同の主催で実現したようで、
参加者はパークボランティアの方々や、研究室の方々なども含め総勢33名。

マルハナバチ調査の様子(溶岩台付近)



 セイヨウオオマルハナバチはもともとは温室トマトの受粉用に輸入されたもので、
それがハウスの外に逃げ出してしまい野生化したことにより、
絶滅危惧種を含む野生植物の花粉を運ぶ昆虫として生態系の中で
重要な役割をしている在来のマルハナバチの存在を脅かす状態になってしまっているということで
ここ数年本格的な調査を毎年行い、捕獲・駆除をしているとのことです。

大雪山系では、2006年に黒岳で発見され、2007年に旭岳で確認されています。

残念ながら、今回は雨が朝から降り続き、発見・捕獲には至りませんでしたが、
東京大学保全生態学教授の鷲谷教授によると、数日このような悪天候が続いた後の晴天の日に
セイヨウオオマルハナバチは良く出てくるそうで捕獲しやすいようです。

鷲谷教授からの説明
【鷲谷教授による解説 in front of ロープウェイ姿見駅】

今年は7月以降あまりすっきりと晴れてくれる日は少なく、なかなかいつ晴れるのか予想しづらいですが、
もし晴れたら、東川町内などでも発見はされているようですので、
みなさんも捕まえてみて下さい。

東京大学保全生態学研究室などが運営するサイト「セイヨウ情勢」に詳しい情報が載っていますので参考くださいまし。

尚、今回の活動の様子は、10月に名古屋で行われる、
生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において報告されるようです。


お~くん

旭岳温泉   20℃(午後4時現在)




 
Comment(0) 
Category: 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ~森カフェ~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。