dj_top

東川町案内人

Author:東川町案内人
北海道にある、旭川の隣町、東川町在住の3人が現地の旬な情報をお届けします。
車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。

=スタッフ紹介=
★なっちゃん
猫好き、山好き、海も好き。
目標は強くて優しい癒し系女子です。

★お~くん
東川の自然と人に魅せられて13年。これからまたどんな出会いがあるのか楽しみです。

★たけちゃん
日ハムファンのコーヒー好き♡
目下ダイエット中!


*画像などのデータ転載、複写複製はご遠慮ください。

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

町の天気はこちらで(旭岳の天気もチェック出来ます)

未分類 (69)
山 (415)
町 (508)
お知らせ (308)
グルメ (26)
ドライブラリー (17)
山とナデシコプロジェクト (6)
ひがしかわ氷まつり (13)
天人峡 (33)
町外より (21)
ツイッター (18)
東川大雪エコツーリズムモニターツアー (41)
風物詩 (3)
講演会 (2)
東川エコツーリズム (32)

QR

ブログ検索  タグ検索

8月8日に忠別ダム周辺で開催される北海道で唯一のトライアスロン大会

大雪山忠別湖トライアスロンinひがしかわ

39ヶ国語に翻訳出来ます。変換したい国の国旗をクリック

powered by 3ET

このブログをリンクに追加する

車で旭川空港から約15分、旭川へ約30分、美瑛へ約30分、富良野へ約70分のところにある大雪山や十勝岳連峰が一望できる町です。旬な東川町の情報をお届けします。
http://higashikawapu.blog21.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.11(Sat) 21:33
まさに厳冬期の旭岳を味わいました・・・


朝8時半 旭岳ロープウェイが開く前に、皆様と集合。
ちょうどその頃、空は時折青空を覗かせ、陽も差し、晴れの兆候。

主催者のみならず、みなさんの気持ちが高鳴る。

9時始発を前にロープウェイが開き、掲示板を見ると、
風が少し強そうだ。

先週の下見の事が頭をよぎる。
2012-02-11-08-52-59.jpg

週末の始発便ということだけあって、外国の方を中心に込み合っていた。
ロープウェイ

姿見駅舎内で、本日のツアーについて、ツアーリーダー/ガイドの愛澤美知雄氏から
の説明や各自の道具チェック。

愛澤さん
ガイド【大雪山倶楽部代表/愛澤美知雄】

いよいよだ。

2012-02-11-09-36-06.jpg

晴れ間がまだ見え、山頂は見えなかったが、
風も掲示板の情報よりも穏やかで、
大丈夫そうだ。

2012-02-11-09-42-26.jpg

吹雪で、視界が遮られて道迷いしないように、
適度な感覚で、ガイドのアシスタント(大雪山倶楽部)の皆さんが
赤い旗を歩行路に差して行く。
これが下山時、皆の精神的なものも含めて重要なメルクマール(指標)となった。

途中、休憩の時にさほどまだ時間もたたないうちに、
さすが標高も1,600m以上となり氷点下20℃を下回っていただけあって
すぐに参加者の皆さんのまつ毛がご覧のように、
真っ白なマスカラが付着!
まつげ
【参加者中最年少の山ボーイ!?】

凍ってる
【本州からお越し頂いた山ガール】

今回は、
エコツーリズム・モニターツアーも兼ねて開催させていただいたので、
環境省/北海道地方東川自然保護官事務所の
Sさんにもご同行いただいたが、
お帽子のおけけもご覧のようにまっちろに。
2012-02-11-10-56-45.jpg
【おちゃめなSさん】


標高を上げるごとに、風が強くなっていき、
先程までの視界がなくなっていく。

かっちも必至だ。参加者の多くもゴーグルも曇ってしまい、
寒さも厳しさを増していく。
2012-02-11-11-56-26.jpg

「あ、凍傷になりかけている」

ガイド/愛澤さんのこまめなチェックで判明。
すぐに肌の露出を隠し対処。
他の方にもその兆候が見られ、ガイドさんの予備と交換し対処。

出発前にも説明があったが、
凍傷は自分ではなかなか気づかないのでお互い確認し合いながらの
中での出来事であった。

2012-02-11-11-38-51.jpg

7合目付近の岩陰で、皆のスノーシューをザイルで結びデポ(置く)。
アイゼン(クランポン)に履き替え、再出発。
2012-02-11-11-02-38.jpg


9合目すぎてすぐの金庫岩付近にて、風が強すぎて、
あとちょっとのところで登頂を断念。

2012-02-11-11-29-21.jpg

その後、下りは姿見の池付近まで戻ってくる間
ずっと強風でホワイトアウト状態に。

昼も過ぎていたが、当然昼食もとる余裕はなく
合間合間に差して来た赤い旗を頼りに、黙々と下りる。

14時に下山。

すぐ近くの旭岳ビジターセンターにて
ようやく
3時のおやつならぬ
3時の昼食を取り、ほっと一安心。

ご参加のある方からは、
「寒さの極みで、限界点を知ることができた」とのご感想もいただく。

ガイドの皆さんのサポートがなければ
9合目まで行く事は出来なかったはず。
そして、厳冬期の冬山をここまで安全には
体感はできなかったと思う。

ガイドの存在の大きさを改めて知る事ができたツアーであった・・・



ということで、
冬季ガイド付ツアーはなんとか終了出来ました。
多くの皆様のご協力に感謝致します。

残念ながら、後少しの所で登頂はできませんでしたが、
またのお楽しみが増えたとも言えますので、
ガイドさんを伴い
安全な冬山登山を心がけ、
また登頂を目指しお越し頂きたいと思います。

もちろん、冬だけに限らず
春夏秋もそれぞれの素晴らしい表情を
旭岳は持っています。
温泉街周辺でも魅力的な自然探勝路も沢山あります。
通年お楽しみいただける所ですので、
いつでも・・・。

ありがとうございました。

あ、集合写真撮り忘れてしまいました・・・。
まあ、山行中はそんな余裕は全然ありませんでしたが・・・



おーくん

旭岳温泉街  -20℃(午前8時半)





















 
Comment(0) 
Category: 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment

 

 Secret?

 

 

 
Copyright © 2017 ~森カフェ~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。